時は戦国時代。

ある忍者が城を攻めようと夜中に忍びこむ。。。

武器は手裏剣である。

依頼主の目的は武将の首を手裏剣で刺してくるというもの。

 

今回、その忍者が練習用として使っていた手裏剣を入手しました。

それがこちら。。。

 

忍者は現代のダーツのように先端にチップを刺して練習していたという言い伝えもあります。。。

そして僕も投げてみました。。。。。

 

結果、、、、刺さらない!!!!!

どうして!!!!

なんで!!!

そこへ忍者の子孫だという方からアドバイスが。。。

「お主、軽く投げなさい」

さ、刺さりました。。。。。

でもブルには刺さりませんでした。。。