皆さんこんにちは。

ダーツ講座でよく、ストレートバレルとトルピードの違いを聞かれるので、 今日はそのことについて書いていきます。

■形が違う
ぱっと見、すぐ分かるのは形です。 ストレートバレルというのはその名の通り、真っ直ぐな形をしています。
トルピードバレルは、先端のほうが膨らんでいるのが多いです。

■重心の違い
ストレートバレルの重心は真ん中からやや後ろにかけてが多いです。 トルピードバレルの重心は前(先端の方)になります。

■重心が違うとどう変わるのか?
トルピードのように重心が先端にあると、ダーツは前に前に飛んでいこうとします。
(よく飛ぶようにバレル自体が補正してくれます)

初心者の方や上手くダーツが飛んでいかないと思う方は前重心のバレルが良いと一般的に言われています。

そこで疑問があると思います。

だったらストレートバレルのように重心が真ん中ではなくて、前の方が良いのでは? はい、確かによく飛んでくれるのは前重心のバレルです。
(前重心のバレルの最大のメリットはこれ)

私も始めたての頃は前重心のバレルを使用していました。
しかし!逆に飛びすぎてしまい、少しコントロールしずらいという点もあります。

ストレートバレルは重心が真ん中から後ろなので、ダーツが補正して前に飛んでいこうとはしません。
ダーツが上手くなるにつれて、飛ばす感覚を身に付けることが出来ると逆にダメということもあります。

■ではストレートバレルのメリットは?
 ストレートバレルの効果としては、まずグルーピングしやすいです。
細く長いので、集まる確率も高くなります。

もう一つは、細かいコントロールが出来る。

前重心のバレルはダーツ自体が飛び方を補正してくれます。
ということは、真ん中や後ろ重心のバレルはダーツを投げる人間が飛び方をコントロール出来ます。

よって、より細かく自分の思った飛ばし方が出来ます。

■これはラケット競技の感覚と似ている
ラケット競技(テニス、卓球やバドミントン)をやったことある方はご存知だと思いますが、 ラケットにはスイートスポットというのが存在します。

初心者の方はこのスイートスポットが大きいほうがボールを打った時、うまく飛んでくれますね。

しかし上級者になればなるほど、スイートスポットが小さくても大丈夫。
自分でラケットを打つ強さなど調整出来るのでスイートスポットが小さくても大丈夫なのです。

いかがでしたでしょうか?
皆さんもバレル選びの時、この話を思い出して選んでみてください。
(これは私、個人が思う意見であり、個人差はあります)